除毛クリーム 顔 痛い

除毛クリームを顔に塗ると痛い理由は?

 

除毛クリーム,顔,痛い

 

除毛クリームには肌にたんぱく質を溶かす成分が含まれていて、その成分はチオグリコール酸カルシウムやアルカリ剤です。

 

人間の毛の9割以上は、ケラチンというたんぱく質で構成されています。

 

チオグリコール酸カルシウムには、毛を溶かす働きがあります。

 

チオグリコール酸カルシウムの働きにより、ムダ毛が除毛されていきます。

 

アルカリ剤は、チオグリコール酸カルシウムの働きを助ける役割を持っています。

 

この2つの成分により除毛が行われていくが、これらの成分が肌に刺激を与えてしまい炎症が引き起こされてしまいます。

 

除毛クリームを顔に使用していると、目やまつ毛にクリームが付いてしまう事があります。

 

目は体の中で最も重要な器官で、除毛クリームに含まれているアルカリ剤には目の組織を融解する働きがあります。

 

運が悪いと目に障害が起きてしまう事が、考えられます。

 

またまつ毛に除毛クリームが付くと、まつ毛まで除毛してしまう可能性があります。

 

顔の肌と体の肌は違い、体の肌に効果的でも顔に除毛クリームを塗るのはなるべく控えた方が良いです。

 

男性の髭に除毛クリームを使用するのは、女性よりも肌が強くても使用するのは辞めておきます。

 

理由は肌に刺激を与えて、炎症を起こしてしまう事があるためです。

除毛クリームで顔を処理して赤みが出たら使用を中止する

 

除毛クリーム,顔,痛い

 

除毛クリームを顔に使用した時に赤みが出たら、使用を直ぐに中止する事です。

 

そして肌の炎症を抑えるために、良く冷やす事が重要です。

 

保冷剤をタオル等で包んで、冷やします。

 

冷やすと赤くなった部分が治まり、除毛クリームによる肌へのダメージを軽減出来ます。

 

除毛後の肌はしっかりと保湿を行い、肌が受けたダメージを軽減して肌を回復させる事が出来ます。

 

肌が敏感になっているため、敏感肌用のローションや乳液を使用するのがおすすめです。

 

冷却と保湿を行うと、2.3日すると赤みは引きます。

 

しかしそれでも赤みが引かない場合やヒリヒリとした痛みを伴って水ぶくれが出来てきた場合は、皮膚科等を受診して相談をします。

 

顔の産毛に除毛クリームを使う場合は、産毛クリームがあるためそれを使います。

 

朝晩クリームを塗るだけで、産毛が目立たなくなります。

 

化粧ノリが良くなり、肌トラブルも予防が出来ます。

 

顔の皮膚は他の皮膚に比べるとデリケートであるため、普通の除毛クリームを使うと赤みが出やすいです。

 

特に敏感肌の人の場合は、赤みが酷くなる場合があります。

 

そのため、産毛クリームを使います。

 

自宅で塗るだけで産毛をケア出来て、続けやすいため経済的です。

除毛クリームは顔の産毛にも使えるの?

 

除毛クリーム,顔,痛い

 

顔の鼻の下の産毛に除毛クリームを使用するのは、出来ないです。

 

どんなに肌に優しい素材や天然成分を使っている除毛クリームであっても、顔には使えないです。

 

除毛クリームの注意書きを読んでみると、顔には使用しないで下さいと書かれています。

 

もしも書いていない場合は、メーカーに問い合わせをします。

 

除毛クリームには、チオグリコール酸カルシウム等の成分が含まれているためこれが毛を分解してくれます。

 

毛を分解してくれる成分は毛だけではなくて、肌を溶かしてしまいます。

 

肌がデリケートである顔に除毛クリームを使ってしまうと、肌トラブルの原因になってしまいます。

 

除毛クリームが使用出来ないのであれば、何を使うのが良いかと悩む人もいるはずです。

 

鼻の下の産毛を処理するのであれば、除毛クリームでなく抑毛クリームを使います。

 

抑毛は毛が生えてくるのを抑制するため、除毛クリームよりも顔の肌には優しいです。

 

女性の鼻下の産毛に特化している商品は、今の所これだけです。

 

使用方法は、除毛クリームのように塗って放置をして洗い流すだけです。

 

手軽に行えて、クリニックやサロンに行く必要もないです。

 

除毛クリーム程は即効性はないが、肌に優しいため肌をいたわりながら産毛のお手入れが出来ます。

除毛クリームの顔への使い方

 

除毛クリーム,顔,痛い

 

除毛クリームを顔に使う時方法は、肌に優しい成分のものとを使ってパッチテストを事前に行い1週間から2週間に1回程度に処理をして除毛後には保湿をしっかりと行います。

 

肌に刺激のある成分がはいっているため、頻繁にお手入れを行うと肌荒れの原因に繋がります。

 

除毛クリームを使うと見た目は綺麗になるが、繰り返して行うと毛が細くなり使い始めの時は直ぐに毛が生えてきます。

 

日にちを空けないで除毛クリームを使うと、肌への影響を及ぼしてしまいます。

 

そのため、除毛クリームを使用した後は肌にダメージがあり乾燥しやすい状態になります。

 

保湿力のあるローションを使用すると、肌へのダメージが少なく済みます。

 

顔に除毛クリームを使用する時には注意が必要で、体用と顔用に分かれているため顔に使用しても大丈夫な除毛クリームであるか確認をしてから使用します。

 

顔に除毛クリームを使用する時は、顔の一部にパッチテストを行って目に入らないように注意をして敏感肌の人は使用しない事です。

 

顔は他の部位に比べると非常に敏感でデリケートな部位であるため、肌に合わなかったりすると腫れたり痒みが出る場合があります。

 

それを避けるために、しっかりと事前の確認は大事です。

メルティーヴィーナス除毛クリームの通販購入はこちら!トップページへムダ毛処理に煩わしさを感じている方や脱毛サロンに行かずに自宅で除毛したい方は、トップページでメルティーヴィーナス除毛クリームの詳細をチェックしてみてください。